ゾンビ映画はおもしろい

ゾンビ映画が大好きです。

ゾンビ映画といえば、なにを思い浮かべますか?大体の人がスプラッターな表現や、醜いゾンビの姿を思い浮かべるそうです。たしかにそうですよね。それがないとゾンビ映画とは言えないですもんね。

わたしもスプラッターな映画は嫌いです。頭が吹っ飛んだり、内臓がぐちゃぐちゃな表現のビジュアルはちょっと苦手です。
ただ、ゾンビ映画の魅力は逃げられない(閉じ込められる)シチュエーションでの脱出劇が面白いのです。

ロメロ作品の初代「ゾンビ」という作品は、田舎のショッピングセンターに閉じ込められるシチュエーションが最高でしたね。

そして、最後の最後に、助かったメンバーのみ脱出するカンジがとても秀逸な感じです。少ないヘリの燃料で逃げ場がないんだろうなーていうところが色々考えてしまいます。

この「ゾンビ」には続編があって、その続編ではゾンビのいない孤島に逃げるというストーリーになっています。それはゾンビ漫画「アイアムアヒーロー」のストーリーの最後でもそのようなところに逃げ込んでいますね。

アメリカのドラマの「ウォーキング・デット」も毎回楽しみして見ています。Huluが日本では先行配信ので、新シリーズはすごく楽しみにしています。